にいがた東区ゲンキ魂

東区グッドカンパニー東区内の企業の魅力を紹介

合資会社 中北車体工作所

特種車両の製作・修理を通して
皆さまの安心と健康を守ります。

「乗用」「乗合」「貨物」「特種(とくだね)用途」「建設機械」。国土交通省が定める「道路運送車両法施工規則」によると、自動車はこれら5つに分類されます。4番目の「特種用途」とは、医療防疫車※や移動販売車、霊柩車など、特殊な用途に応じた設備を持つ自動車のこと。この特種用途自動車の中でも、医療防疫車の製作を行っている会社は、全国でも10社程度しかありません。さらに日本海側では1社のみ。それが、東区にある合資会社中北車体工作所です。
乗り合いバスの製作から事業をスタートさせた同社。現在は、路線バスのメンテナンス・修理、医療防疫車の製作・修理、車いす自動車の製作・修理の3つを主軸に、1台1台特種車両を扱っています。納入先は、新潟県内に留まらず、近隣の県や関東、東北、関西までさまざまです。同社で製作するのはエンジンや運転席・足回りなど車の土台となる部分以外の全て。もともと外壁だった部分に穴を開けて車いすを出し入れするドアを造ったり、お客さまの用途に合わせたサイズの机や椅子を造ったりと、オーダーメイドで製作しています。
1935(昭和10)年の創業以来、時代のニーズに合わせて常に成長を続けてきた同社。どんな仕事にも果敢に挑戦する、県内オンリーワンの特種車両製作メーカーです。
※各種健康診断や治療などに使われるエックス線撮影装置、検眼装置または心電図測定装置などの設備を有する車両のこと

PR動画メッセージ

選定ポイント

県内唯一の
医療防疫車製作メーカー
どんな依頼にも応える
技術力と向上心
特種車両製作を通して、
医療と福祉に貢献

中北車体工作所の想い

特種車両は、注文住宅のようなもの。
部品や建具、内装・外装に至るまで全て自前で作ります。
新潟県内の医療防疫車や車いす移動車の多くを当社で製作しています。

創業時は乗り合いバスの製作・修理を行っていましたが、時代とともに量産型のバスメーカーが台頭し、仕事が激減。活路はないかと思案していた折、医療防疫車製作の相談が舞い込んできました。県内での製作実績はなく我々も手さぐりでしたが、県外の企業と協力して初代号を製作。これを機に、バスの修繕と並行して医療防疫車や車いす移動車の製作を始めました。現在では、県内で活躍する医療防疫車の99%は当社製です。バス型の車両から改造する当社オリジナルの車いす移動車も好評をいただいており、ここ5年で受注数が増えてきました。

初めて作る仕様でも、技術力と培ってきた知恵で実現します。

これまで、さまざまな形状の車両を手がけてきました。中でも印象深いのは兵庫県神戸市の観光局さまの依頼で作った観光バスです。「シティ・ループ」の名称で今も運行していますが、初代号は当社が製作を担当しました。当時の日本では珍しかった木枠の座席や金メッキの手すりなどの内装は、サンフランシスコのケーブルカーを参考にしたもの。前例のない架装は苦労する部分が多い分、やりがいも大きいものです。職人気質のアナログな仕事ですが、常に先端技術の学びを深め、お客さまの要望に応えられるよう研鑽を重ねています。

各種車両の製作・修繕は、皆さまの命を守る一助であると自負しています。

我々が製作・修理を行う車両は、皆さまの命を運び、健康に寄与するものであるということを常に意識しながら業務にあたっています。用途に合わせてオーダーメイドで製作する医療防疫車や車いす移動車は、年間2〜6台程と台数こそ少ないですが、お客さまやその先の利用者の使い勝手を考え、工夫を凝らし1台1台丹精を込めて作っています。毎日2〜3台ほど並行して作業にあたっている路線バスのメンテナンスも然り。新潟の路線バスは融雪剤の影響でメンテナンスの頻度が比較的高いのですが、少しでも長く安心して使えるよう、丁寧に修繕を行っています。

これからも、陰ながら皆さまの健康と安全を守ります。

当社はB to Bの会社ですので、市民の皆さまにはあまり馴染みのない会社です。しかし、実は、新潟県内のみならず日本海側でも同じ業種の会社はありません。けっして規模の大きくはない当社ですが、オンリーワンの仕事で今後も皆さまの生活を支える各種車両の制作に励みたいと思います。

お話を伺った代表社員の北村守さん

合資会社 中北車体工作所

1935(昭和10)年10月、新潟市一番堀で創業。1989(平成元)年に本社及び工場を東区に移転。医療防疫車や車いす移動車を中心とする特種車両の架装製作・修理、路線バス車体の修理などを専門に行う。

住所:〒950-0881 新潟市東区榎町70番地
電話:025-271-3332
https://www.nakakita-bw.com

アクセスマップ

更新日:2019年4月23日